ダイビングリーダーコース

ダイブマスター

このコースでは、ダイブマスターとして、ダイバーたちをまとめ、ダイビング活動の手助けができるようになるための知識やスキルを身につけます。水中での技術を身につける水中セッション、ダイブマスターに必要な知識を学ぶクラスルーム(CR)セッションで構成。コース修了後には頼れるNAUIダイブマスターとして、ダイバーたちを海の世界へ案内できるようになります。

インストラクターコースへの足がかりとなるコースです。

実施概要

水中セッション

オープンウォーター(OW)セッション(最低10回のOWダイブ)

オープンウォーターセッションでは、5つのテーマにもとづいて、インストラクターのデモンストレーションを見ながら、それぞれの
ダイビング活動でのダイブマスターとしての役割を身につけていきます。

OWセッション5つのテーマ

ビーチダイビング

ビーチダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。

ナイトダイビング

ナイトダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。

ボートダイビング

ボートダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。

アクシデントマネジメント

ダイビング活動中の事故の管理を適切に行うことができるように、レスキュー活動のグループコントロールなどを身につけます。

トライスクーバダイビング(体験ダイビング)のアシスト

トライスクーバダイビングにおいて(ダイブマスターコースに参加している参加者がトライスクーバダイビングの参加者役を演じる)、水面・水中での引率などのアシスト技術を身につけます。

リーダー講習

コンファインドウォーター(CW)セッション

400mの水泳・20分間の生存水泳・800mのスキンダイビング装備による水面移動・スキンディッチアンドリカバリー・スクーバリカバリー・スクーバダイバーレスキュー。

クラスルーム(CR)セッション

NAUIオリエンテーション、NAUIダイブマスターの役割・義務・責任、NAUIダイブマスターの資格、ダイビング活動の計画/組織、ダイビング活動の実施、ダイブマスターログの使用、ガイドと引率、問題処理とカウンセリング、自然保護と環境の理解、ダイビング事故の防止、ダイビングリーダーのためのボートと操舵技術、緊急事態への準備、NAUIリーダーのための危機管理と保険など。

 

参加要件

NAUIリーダーシップコース共通参加条件を満たしていること。 コアスペシャルティ(レスキュースペシャルティを除く)のうち最低3種類の資格を有していること。 NAUI CPR&First Aidの有効資格、NAUIレスキュースペシャルティダイバーの資格認定、もしくは他団体の同等資格。 環境、水深、活動内容などが多様な25回以上のスクーバ潜水経験があること(ログ記録が必要です)。

認定条件

NAUIダイブマスターコースを修了して資格認定を受けるためには、ダイブマスターコース参加前提条件を満たしてからオープンウォーターにて30本以上のダイビングの経験を経ていることが必要となります。NAUIマスタースクーバダイバーの認定を受けている場合、この要件は免除され、NAUIダイブマスターコース修了とともに資格認定を受けることができます。

料金:135,000円

※ 上記料金には、指導料、施設使用料金、保険代が含まれます。

※ 教材費(¥31,700)、海洋実習費、交通費、食費、登録料、年会費、賠償保険が別途かかります。

営業時間:12:00~21:00
TEL 06(6626)6331
FAX 06(6626)6332
メール info@ocean-dive.info